トイレの水漏れで交換を検討するポイント

最近ではトイレに関しても、ニーズに応じてさまざまな形でリフォームを行うことができるため、新しいトイレの交換にも関心が高まっています。老朽化して水漏れが頻繁に起こるなど、明らかに寿命が来ている場合はもちろんですが、その他にも節水型トイレや機能性、おしゃれなデザインに注目してトイレの交換を選択する場合もあります。交換を検討する時期について解説します。

■節水のために交換を検討する

節水タイプのトイレは環境に優しく水道代のコストカットに繋がるため今注目されています。トイレはお風呂と1位、2位を争うほど水道使用量が多い箇所です。節約タイプではない旧式モデルを使用している家庭は1回の水道使用量が多くコストもかかります。自治体の水道料金によって金額は異なりますが、例えば4人家族が使用した場合、最新の節約タイプは旧式より年間約15,000円、10年使用した場合100,000円以上の節約効果も期待できます。
トイレのタンク内にペットボトルを入れ、水の使用量を節約する方も多いです。しかしタンクは陶器でできているため破損させる原因となり修理費がかさみます。自己流の節水方法より、最新モデルへ交換した方が効率的な節約効果が望めます。

■機能やデザインで交換を検討する

最新のトイレは性能が上がり、センサーで人を察知したら自動でフタが開くタイプも販売されています。自動で水を流すタイプもあります。汚れにくいモデルは掃除の手間が減るため人気です。
デザイン性重視の方からは、タンクレストイレが注目されています。タンクがないためインテリアの邪魔をせず、すっきりとした印象を与えるのが特徴です。タンクがないだけで部屋が広く感じるメリットもあり快適な空間を演出できます。

■まとめ
通常、便器本体を交換するのは、ヒビが入ったり、割れたりする場合が多いですが、そのようなトラブルがなくても、部品の寿命はあります。水漏れのリスクを常に抱えて使用を続けるより、水道代や電気代の節約、機能性やデザインの点でもメリットが大きい、トイレの交換をおすすめします。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ