トイレの水漏れが多い場所を知る

トイレ 水漏れが多いのは大体決まった場所です。どの場所で水漏れを発見しても、最初に行うことは止水栓を閉めることで、症状によっては部品の交換や部品を締め直すなど、自力で直すことが可能です。

■配管類やトイレの床

給水管などの配管から水が漏れるのは、タンクと配管、止水栓と配管の接合部分の部品が劣化したり、部品が緩んだりしているのが原因と考えらえます。部品を交換したり、部品を締め直したりすることで、対応できる場合もあります。
トイレの床から水が漏れるのは、便器本体と床下の排水管を接合するパテが、古くなっている可能性があります。ただ、どこから水が漏れているのか特定できないケースもあるので、便器の中に色のついた水を流すことで水漏れが起きているかどうか調べることができます。色のついた水が漏れてきた場合は、トイレの本体と床が繋がっている部分から水が漏れている可能性が高いです。

■ウォシュレットやタンク内

ウォシュレットの水漏れで多いのは、温水がでてくるノズルの部分や操作ボタンがついたパネルの下部分、便座の隙間などです。小さな部品の接合部分のパーツが古くなったことが原因で、水漏れのトラブルが起こる可能性もあります。水が漏れているのを発見したら、止水栓を閉めるとともに電源プラグを抜いて、確認や修理を行います。
リモコン電池交換やノズル交換で修理できるケースもあります。タンク内から水がチョロチョロと流れ続けるのは、中の部品が古くなっていることが考えられます。その場合は部品の位置を正常に戻し、新品に交換することで修理できます。

■まとめ
トイレ 水漏れが起きやすい場所を知っておくと、普段から水が漏れていないか目が行き届くので、トラブルを最小限に食い止めることができます。配管が繋がっているところの水漏れであれば、状況によっては自分で修理できるケースもあるので、知っておくといざという時に役に立ちます。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ